teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 99%県警暗殺湖底3本針裁判隠蔽仕掛使廻し(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


???

 投稿者:ふるいOB  投稿日:2013年 7月30日(火)19時10分13秒
  よくできなかったのでもう一度。

 
 

よそじですが

 投稿者:ふるいOB  投稿日:2013年 7月30日(火)19時04分11秒
  ピンクとか灰色とかわからなかったのでこちらにも。

大昔の先輩の演奏です。
私よりさらに先輩が作ったようです。
(私が1年の時だと思います。したがって私は吹いてません。)


 

フィギュアスケート

 投稿者:一揆  投稿日:2013年 6月25日(火)07時53分54秒
  エキシビジョンなんかは結構見てて面白く思うんだけど、
競技としてのフィギュアスケートにはあまり興味がなくて、
というより何か見ていてすごく違和感があって、
けどそれをずっと上手く説明できずにいたんだけど、
最近とあるテレビ番組を見てようやく分かった。

あれは、カラオケの採点マシーンで良い得点を出すための歌い方を
追及している人たちと同じなんだ。
そういう人たちはプロの歌手とはまるで別の領域に辿り着いていて、
それはそれですごい努力の賜物で、十分評価できることなんだろうけど、
俺は全然興味持てないっす。

あー、今度から人にはそうやって説明しようっと。
 

通勤電車が暇なので

 投稿者:一揆  投稿日:2013年 6月15日(土)07時48分8秒
  MP3プレーヤーも携帯ゲームもスマホも持たない主義なので、
電車内で読む本が無い時や、本を読むスペースも無いほど満員な時は、
ひとり脳内だけで遊べる遊びをよく考えています。

最近の流行りは、「上下」や「強弱」、「善悪」のように、
対になる漢字二つで構成される二字熟語を考えること。
無論辞書を引くような無粋な真似をしてはいけないのである。

現在のコレクションは90個ほど。きっともっと沢山あると思うけど、
なかなかここまでくると思いつかなくなってくる。

基本的には、対になるような概念や、いわゆる対義語を
思いつくままに挙げていく、という単純な方法をとっていくわけだが、
やってみるとわかるが、ごくごく普遍的な対義語が、
意外に二字熟語にはなっていないことがあって、これが面白い。

例えば、「長い」と「短い」ならば、『長短』という熟語があるのだが、
「太い」と「細い」からなる二字熟語は無い。

同様に、「速い/遅い」や「固い/柔らかい」、「(値段の)高い/安い」、
を示す二字熟語も無い。
 (無いですよね?もしあったら、単に自分の無知です。教えてください。)

主な対義語の多くが、それに対応する二字熟語を持つだけに、
このことは非常に奇妙に感じられるのだが、
改めてよく考えてみると、対になる概念を一語で表そうとすることの方が
実は奇妙なことなのではと思えてくる。

ちゃんと調べたわけでは無いが、西洋の言語ではそういう例は無さそうだ。
"High and Low"のように、恒常的に使用される単語の組み合わせ・・・
いわゆる「イディオム」は存在すれども、一つの単語で対概念を表す、
という例はほぼ見かけない。
無論これは、単語とイディオムの中間的な性質を備える“熟語”というものが、
「漢字」という複雑な表意文字を言語の根幹に据えていることで、
音韻論的には実に節約された…即ちごく少ない数の音節で多くの意味を表しうる、
という、漢字文化圏独特のシステムに依存しているからであり、
言わば漢字文化圏のみに許された、特殊な裏ワザみたいなものであるからなのだが、
それにしたって、対立する概念を一つの言葉の中におさめてしまおう、
というのは実に虫がいい、というか横着な話ではある。

しかしながら、対概念というのは何らかのパラメータとしての性質を
その中に宿している場合も多く(「難易度」なんて言葉があるくらいだ)、
そういうことを言葉で表したい時には、こういった二字熟語は非常にうまく働くのである。

音の強弱、とか、曲の緩急、とか、体重の増減、とか・・・
そのパラメータに名前を付けようとする場合、英語では
“音の強さloudness”のように、対概念の一方だけを取り上げることしか出来ない。
となると必然的に、そのパラメータは一方通行の価値観に直結しうる。

どういうことか、もうちょっと詳しく説明すると、
“強さ”のパラメータがプラスなものが“強い”であり、マイナスなものが“弱い”である、
というようにしか表現できないとするのならば、当然人は、プラスの方…即ち“強い”の方が
価値が高いのだ、と錯覚しやすいということだ。
もちろん「損得」や「美醜」のように、そもそもが価値自体を問題にしている対概念もあるわけだが、
純粋な意味においては“優劣”を与えられていない(どちらが良いとも悪いとも言えない)対概念についても、
プラスかマイナスかという表現しか不可能ならば、そこに優劣をつけざるを得ない。

これはもう言語としての根幹的な問題なので、容易には覆せないが、
言語は文化に対して支配的な力を働くので、何かすげえ大きな影響を与えそうだけど、
何となく大きな影響を与えそうだなあ、と思うだけで具体的にどうこう論証するには
この掲示板は狭すぎるし、自分の脳みそ的にもキャパオーバーなのでもういいです。
飽きたし。限界。
先を期待した人、ごめん。続きは自分でがんばれ。


>杏
って誰だったんだったかなあ(二重過去形)。
ピンクの方の板に出没していたのだろうが、昔のことはあまり思い出せん。
たぶん部長に対して支配的な力を働いて、何かすげえ大きな影響を与えてたっぽい人?
もう記憶がおぼろげ。遠い日の歌。ひっとーはっただー。
 

何か書く。

 投稿者:  投稿日:2013年 6月 3日(月)22時27分28秒
  いつも傍観する側ゆえ、たまには書いてみる。
と思ったが、投稿者ですら、きちんとわかる名前もないことに気づく。
初めてここに投稿するからかと気づく。
現役の時こんなネームを使っていた気がするから、とりあえずこれで。
何かを書くつもりだったんだけど、忘れたから、また今度。
 

箱庭

 投稿者:一揆  投稿日:2013年 5月 1日(水)20時14分54秒
  箱庭のような人生設計。  

なんじゃぁぁぁぁぁぁ!

 投稿者:tutti  投稿日:2012年 8月 9日(木)23時26分51秒
  食べることばっかやな!

真夜中のフードコートでライバルって?守衛?
 

暇つぶし言葉あそび

 投稿者:一揆  投稿日:2012年 8月 7日(火)20時25分7秒
編集済
  「つちどまさと」に似た言葉をさがしてみよう!


【つ●●ま●●】

・つむじまがり(旋毛曲がり) (意味)性質がひねくれていてすなおでないこと。



【●ち●●さ●】

・ごちそうさま(御馳走様) (意味)ごちそうになった礼に述べるあいさつの語。
・いちもくさん(一目散) (意味)わき目もふらずに走るさま。



【●●ど●●と】

・ミッドナイト (意味)真夜中
・ヘッドライト (意味)進路を照らす灯火
・フードコート (意味)向かう先はフードコート
・デッドヒート (意味)倒せライバル 目指せ全メニュー制覇
・グッドナイト (意味)戦いの後は静かに眠るだけ
 

じゃ!

 投稿者:一揆  投稿日:2011年12月 5日(月)22時37分20秒
  襲撃ですね!

じゃ!お絵かき143194
 

襲撃じゃ!

 投稿者:某(ナニガシ)@職場  投稿日:2011年12月 5日(月)19時57分52秒
  12月17日(土)12:00~16:00
小石川 襲撃じゃ!
 

思い出

 投稿者:一揆  投稿日:2011年11月 1日(火)23時26分29秒
 
思い出お絵かき139412
 

ウサイン・ボルト

 投稿者:某(ナニガシ)@やや現実逃避中  投稿日:2011年 8月30日(火)10時49分20秒
  この掲示板は油断すると(もしくは油断したいときに)存在が気になる掲示板であり、その油断に応えるかのように、さっそくにもカール・ルイスの件が書き込まれていた。

しかしながらカール・ルイスに関しては当方のあいまいな記憶もあって一揆氏の記憶のほうが正しかったことを認めざるを得ない状況ではありますが、くやしまぎれにウサイン・ボルトについて調べたところウィキペディア情報によれば、
``走幅跳への将来的なチャレンジの意向として、「とても向いていると思うから、引退までには是非挑戦してみたい」''
とあり、『足が速ければいずれ幅跳びに』なんて流れが陸上選手にはあるのでは、という提案をして本日の負け惜しみとさせていただきます。

とりあえず仕事と向き合わねばならぬ。
 

カール・ルイス

 投稿者:一揆  投稿日:2011年 8月29日(月)00時34分12秒
  カール・ルイスは、幅跳びメインなのに、走りも速かった人。

という風にずっと自分は覚えていたんだけど、
某家(某さんの家)での会合で、短距離から幅跳びへ、という推移ではなかったか
と指摘を受け、ちょっと気になったので調べてみたら、何のことはない。

もともと幅跳びも短距離も金メダルを取れるすげえ人で、短距離の方は途中から苦戦するようになったが、幅跳びでは記録を保持し続けた。
ということらしい。

後年は幅跳びの方だけが目立ったため、短距離→幅跳びという推移で記憶しているのも納得はできる。
しかし、ウィキペディア情報によれば、世界規模の大会で初めて金メダルを取ったのは走り幅跳び(1981ワールドカップinローマ)なので、俺の方がちょびっとだけ正しかった!まいったか!

と過疎の掲示板で一人むなしく主張するむなしさ。子供の意地張り。
 

恋はデジャ・ブ(タイトルと本文は関係ありません)

 投稿者:一揆  投稿日:2011年 7月31日(日)01時16分18秒
編集済
  先日のAWEにCMAの現役生が突然10人くらい遊びに来て、嵐のように去っていった。

その中の一人にホルンの女の子がいたんだけど、兼田敏の「交響的音頭」の合奏中にちょっとおかしな挙動をみせていて、何だろうと思っていたら、合奏が終わった後、顔を真っ赤にして目を腫らしていた。
曲に全くついていけなかったらしい。

変拍子&臨時記号だらけの、初見で吹けないのはむしろ普通という譜面だ。
しかも本番に乗るわけでもなし。
前提からしてそもそも「吹けなくていい」はずの曲なのに。

それがどういう意味の涙なのかを、他人が理解することはできない(本人だって説明つかないかもしれない)。
だけど、何かが共鳴する。どこかでそれを知っているような気がする。

帰り際、個人的に練習したいとまだ赤い目で言うので、譜面をコピーしてあげて、つい団員用のデモCDまであげてしまった(足りなくなったら焼き増しします)。

何というか、ああいう感じの反応をすごく久しぶりに見た気がする。

そつなくこなしちゃうとか、
その時は出来なかったけど合奏終わったとたんガツガツ反復練習するとか、
…さもなくば、すいませんって謝っちゃう。
そういうのは最近も見るんだけど。

「出来なかった」という事実を、どうしても割り切れない。笑ってごまかしたり、言い訳を色々見つけてみたり・・・という感情の「そらし方」すらできず、ただただ持て余してしまう。自分の中でぐるぐるぐるぐる。

すごく既視感を感じて、その出どころを探っていくと、実は自分の中からだったりする。
遠い昔の、トロンボーンはおろか楽譜にすらまだ触れてなかった頃に、そんな事があったような。

体育の授業でみんなが当たり前のように出来るシュートが自分だけ出来なかったり、
完璧に出来たはずのテストをケアレスミスで満点逃したり、
とか、そんなつまらないこと。

誰にでもある原体験、という気もする。
今になってみれば安っぽくて薄っぺらで頼りないプライドなんだけど、でもそれにすがるしかない頃が確かにあった。

実際はあの子の涙の意味とは全く違うかもしれないんだけど、
ふと、そういうことが思い出された。

自分が楽器を吹き始めた頃は、もうそういう気持ちは薄れていたと思う。
全く無かったわけではないけど、上達していく「楽しさ」や、自由に楽器を吹くOB達を見て抱く「憧れ」の方が、それよりも強かったから、出来ないことが悔しいと感じる暇は無かった様に思う。

とにかくその涙を見て、ノスタルジーとちょっと苦い思い出と、言い知れない「羨ましさ」みたいなものがブレンドされた複雑な感情の中に投げ入れられた。

大好きな漫画のひとつ「エアマスター」の中に「どんな人間でも“安いプライド”があれば何とだって戦える」みたいなセリフがあって、初めてそれを読んだ時も今みたいな気持ちになったのを憶えている。
安いプライドはその「安さ」ゆえに、持っているのが恥ずかしくて皆捨てたり隠したりしてしまうんだけど、一個の人間を支える重要な柱の一つだ。
そういうことを久しぶりに強く思った。

ちょっと燃えてきた。

某(ナニガシ)先輩はわかりますか。
 

ああ。

 投稿者:某(ナニガシ)@現実逃避徘徊中  投稿日:2011年 7月30日(土)17時28分23秒
  ああ。本当に楽しみだ。  

ちょ(笑)

 投稿者:Diver@大阪  投稿日:2011年 6月24日(金)20時12分32秒
  いっきーーーーーーーーーーーっ!!!

ちょ、どこから突っ込めば良い?ねえ、どこから?
つやっつやな頭部?何故か峰打ち狙ってるっぽい刀?
それとも、明らかに変な絵をアップしてくれた人?
とりあえず・・・お前を闇討ちするぞ?

つか、私、二次会からちゃうん?>イマケン

ちなみに、あまりに衝撃的な絵だったため、
My Macまで挙動がおかしくなって、再起動する羽目になった。
一揆は私に謝ると良いと思う。
 

ですね

 投稿者:一揆  投稿日:2011年 6月23日(木)22時44分2秒
  楽しみだなあ。

ですねお絵かき125222
 

(無題)

 投稿者:イマケン@まだ管理人  投稿日:2011年 6月23日(木)09時50分16秒
   >ふたり
10/29は存分にお楽しみください(笑)
 

ズボーン

 投稿者:Diver@大阪  投稿日:2011年 6月22日(水)23時00分10秒
  1時間も経たないうちに発見されてた。

>一揆
そんな感じだった人ですよ。
ついでに言うと、コーヒーも飲めるようになったな。
「また=10月29日」なんで、そのときはヨロシク。
 

おお

 投稿者:一揆  投稿日:2011年 6月21日(火)22時13分42秒
  >>水棲動物@大阪

さてはあなた、ロマンとかそんな感じの名前だった人ですね。
西へ行ってからというもの、水中呼吸技術やケーキ食べ放題等のスキルを急激に会得していると噂の。

また遊ぼうね。(普通のコメント)
 

(無題)

 投稿者:Diver@大阪  投稿日:2011年 6月21日(火)21時26分38秒
  この掲示板はブックマークに入れっぱなし。
でも、月1回見るか見ないか。
正直、書き込みがあったことに驚いた。
せっかくなので、私も痕跡を残してみる。

ちなみに、HNがいい加減恥ずかしくなったので変更。
近しい人間はこれでわかるだろう、多分。
 

ズボーン

 投稿者:一揆  投稿日:2011年 6月15日(水)23時19分15秒
  もう発見された。

というかレスポンスの早さに驚きを隠せない。
偶然か?それとも誰もいないのに巡回し続けてるのか?
暇なのか?嫁がいるのにか?(失言)

とはいえ昨日の今日で
  何かを期待せずにはおれず
    こうしてノコノコ見に来た自分も自分なので
      何故か恥ずかしさをおぼえている。
 

(無題)

 投稿者:イマケン@まだ管理人  投稿日:2011年 6月15日(水)14時06分52秒
  そうか、俺は自分でリンク貼ってるから見れるんだけど、公式には入り口がなくなっていましたか…


まあネットもすっかりSNS全盛で、掲示板がもはや旧時代の遺産みたいなことになってますが、
せっかくなので残しておきましょうか。
 

うおお

 投稿者:一揆  投稿日:2011年 6月15日(水)02時19分3秒
  全く原因不明で眠くなくなる事が年に数回あって、今まさにそれ。

あまりに眠れないのでネット上をうろうろしてたら、かなり久しぶりにここの存在を思い出したものの完全にアクセス手段を失っており、
また、それ以前にここ自体残っているかどうかすらも怪しんでいたのだけれど、
ダメ元で『CMA 掲示板』でググってみたらあっさり見つかり、
あっさり見つかった事自体に若干の驚きを覚えもしたのだが、
それはそれとして懐かしさのあまり過去ログを読み返していたらすっかりこんな時間だ。
まいった。

公式な入口はもうどこにも残ってないんですかねえ。
一年近く書き込み無いし。
まあこのまま消えてしまうのも勿体ないのでとりあえず記念に書き込んでおきます。


それからキーワード検索の功名といっていいのか、こんなもの(ttp://8233.teacup.com/cma/bbs)を見つけてしまって、どうしたらいいやら。どのくらい遠い人なのか見当もつかないし。
ま、まだここを見に来るようなマニアックな方がいたなら、これについてご意見を伺いたいところです。
 

夏の襲撃

 投稿者:某(ナニガシ)@自宅  投稿日:2010年 7月30日(金)23時22分51秒
  2010年夏の襲撃は、主犯格の都合により、8月20日(金)になりました。

連絡システムは後ほど指名されます。
 

行ってみたいところ

 投稿者:某(ナニガシ)@嵐の前の  投稿日:2010年 3月 8日(月)07時53分37秒
  唐突だけど、行ってみたいところシリーズ

このホットケーキたちのうち、とりあえず近場に行ってみたい。
http://portal.nifty.com/cs/mitaiwa/detail/100221120219/1.htm

ガンコな職人気質の光、都内の隠れた名店
http://portal.nifty.com/2009/10/13/c/index.htm
 

美味しんぼは面白いんだけど

 投稿者:一揆  投稿日:2010年 1月21日(木)03時12分21秒
  珍しく眠くならないので、一昨年大学ロスタイムの年に3カ月だけつけていた日記をふと読み返したら、こんなことを書いていた。

久々に美味しんぼを読む。料理と音楽の共通点について考えた。

作り手の意図と受け手の感覚の鋭さ。どんなに工夫を凝らしたり、誠意をこめたりしても、受け手にそれが伝わらなければ意味はないんだろうか。

そういう細かいところにまで気づくような受け手を作り手が選ぶということの是非は?
何も言わなければ気付かないような受け手にそれを説明すべきだろうか。言って気付いたとしてもそれは意味があるのか。本当にその差異を感じたかどうかの証明はできないし。

こちらの意図と全く異なる点を評価された場合、作り手としては喜ぶべきなんだろうか。
周りの客が何も気づかずに楽しんでいるところに水を差す真似はどうか。騙してでも喜ばすことが良いことか悪いことか何てわからない。
 

こっちにも。

 投稿者:某(ナニガシ)@自宅  投稿日:2009年12月21日(月)22時35分37秒
  さて、今年も冬休みになりました。
ということで、長期休暇恒例の襲撃をしたいと思います。

ただ、そもそも冬の襲撃は小規模になることが多いし、年々社会人も増えてきて参加が難しく、現役、卒業生ともに少ないこともしばしば。

まあ、現役さんの一部マニアック(?)な人たちは、この襲撃を楽しみにしているかも知れないので、年寄りが3,4人集まれればいいんじゃない?くらいの気持ちで開催したいと思います。

12月28日(月) 襲撃です。

当方も所用により午後からの参加とかになるかも知れませんが、まあ、集まりましょうや。

若い年寄り(自己矛盾。OB、OGの若い人たちのこと)は、ちょっと周りにも声をかけたりして欲しいとこです。
 

第六感

 投稿者:一揆  投稿日:2009年12月13日(日)02時07分56秒
  誰かに見られている気がする  

神の思し召し

 投稿者:一揆  投稿日:2009年12月 7日(月)01時33分44秒
  部屋の掃除をしていたはずなのに、
いつの間にか漫画やらアルバムやらを読みふけっていた

というのはよくあるエピソードだが

気づいたら模様替えに発展していた、ということもある。
あるんだなあ。
 

私物化

 投稿者:一揆  投稿日:2009年12月 6日(日)02時16分45秒
編集済
  ひと頃は賑わっておったここも、かなり長いこと書き込みがないですねえ。
でも、宣伝やらいかがわしい書き込みが無いとこみると、誰かメンテナンスをしているんでしょうか。

  乱立する団地と団地の間の狭いスペースに、申し訳程度に造られた公園があってね、
 ○○公園みたいな名前もなく、いつも日陰で薄暗いし、
 小さな滑り台と鉄棒がささやかに置いてあるだけで全然ぱっとしないんだけど、
 その「秘境」っぽさが良くてね、
 ひと頃毎日のようにそこに集まって遊んでたのを覚えている。
  そこは狭くて、野球やサッカーなんて派手な遊びはとてもできやしないんだけど、
 あまり人通りがないし、団地の裏手で大きな道路からは死角になってたから、
 3、4人くらいでこそこそと、想像力を膨らませながら話をするのに都合が良かった。
  今となってはどんな話をしていたのかおぼろ気にしか思い出せないけど、
 妙に楽しかったなあ、げらげら笑ったなあ、という印象だけは、何か心に残っている。
  しばらくぶりにそのことを思い出して、その公園を覗いてみたんだけど、
 何もかも変わらないまんま、人影もまったくなし、
 今じゃ誰も遊んでないのかなとも思ったんだけど、
 落ち葉はきれいに掃き掃除してあって、誰かはちゃんと見てるんだなあって思った。

みたいな気持ち。
気が向いたら何かまた書きに来よう。
 

こっちにも誰宛でもない連絡

 投稿者:某(ナニガシ)@自宅  投稿日:2009年 8月21日(金)10時36分39秒
  ・8月23日(日)は都合により、当方はひぐらし小に参加せず。ゆえに当方の家での会合もないはず。

・8月30日(日)は午後1、午後2場所を取ったので、練習&フェスティバル開催可能。「就職内定祝い」とか「○○さん快気祝い」とか「夏休みが終わっちゃうよ祭り」とか「うちでもパンデミックはできるようになった祭り」とかいろいろしたい気がする。

http://www.ab.auone-net.jp/~nanigash/image-room-2/neko_090710.jpg

 

襲撃

 投稿者:某(ナニガシ)@自宅  投稿日:2009年 7月21日(火)22時30分0秒
  今夏の襲撃は、オレ(メガネ)とメガネ(メガネ)の一存で8月13日(木)に決定しました。

ここともう一つの掲示板にしか書いてないので、ここを見た人はいろんな人に伝える義務が発生します。
いいですか、義務ですよ。義務。モニタの前で笑ってないでいろんな人に伝えてください。

http://www.ab.auone-net.jp/~nanigash/image-room-2/neko_090524.jpg

 

ところでさあ、

 投稿者:某(ナニガシ)@自宅  投稿日:2009年 5月28日(木)22時54分28秒
  CMAの本家サイトから行ける「ぞ」の先の掲示板が、こないだの秋くらいに当時の中3くらいで賑わいを見せていたんだね。
先日気がついて思う存分ログを眺めさせていただいたわい。

http://www.ab.auone-net.jp/~nanigash/image-room-2/neko_090318.jpg

 

お披露目会

 投稿者:某(ナニガシ)@自宅  投稿日:2009年 3月19日(木)00時21分6秒
  我が家のぴーすけのお披露目会を開催します。
3月22日の夕方くらいからやります。
昼間はひろば館が取れていますので、練習したい人はそちらもどうぞ。

ぴーすけ近影(物理的な意味で)

http://www.ab.auone-net.jp/~nanigash/image-room-2/neko_090318.jpg

 

挙手

 投稿者:さんば  投稿日:2008年12月25日(木)19時54分22秒
  あ、下記の○○さんは自分でした~。
この機会にちょっと若者にパスしてみようかな、なんて思った次第です。
自分ももう6年生なんだなぁ、とふと思う年の瀬でありました。
 

個人的には

 投稿者:某(ナニガシ)@自宅  投稿日:2008年12月21日(日)22時36分48秒
  メランコリック全開の7日に決まった(自分は翌日から新学期。)わけですが、元気全開でいきましょう。

ちなみに、それだけでは寂しい気もするので、年内にも一度は行きたいところです。(イマイチ近場の目標がない冬休みというのは練習が散漫になりがちなので、その気合入れの意味もこめて・・・)

で、当方の予想だにしなかった人物が下記フローチャートの●●さんということで、連絡をくれたわけですが、当方は○○さんが結局誰だったのか気になる次第です。
 

冬の襲撃

 投稿者:さんば  投稿日:2008年12月21日(日)19時48分0秒
  冬の陣は1月7日に決定したようです。皆様ふるってご参加を☆

…まぁ、ここを見てる方には大方連絡がいってると思うのですが一応、です。。。
 

(無題)

 投稿者:イマケン  投稿日:2008年12月 2日(火)09時13分36秒
  まさかの丸投げwwww  

決定

 投稿者:某(ナニガシ)@職場  投稿日:2008年12月 1日(月)11時33分46秒
  決定事項通達
・襲撃担当を決める担当を決める担当を一揆に任命します。

今後は、以下の流れで作業をしてください。

 一揆   襲撃担当を決める担当を決める担当
  ↓    襲撃担当を決めるを担当決める
 ○○さん 襲撃担当を決める担当
  ↓    襲撃担当を決める
 ●●さん 襲撃担当
  ↓
関係諸氏への連絡。


 冬の襲撃は開催期間が短く、日程調整がかなり苦しいことが多いようです。
去年などは各パートごとに先輩が指導した形になったような気がします。ということで、あまり集まらなくても気にせず、開催することが一番重要かと。
 

ういーっす

 投稿者:某(ナニガシ)@自宅  投稿日:2008年11月27日(木)22時32分56秒
  今度の冬休みの襲撃の連絡の担当のほうを
どうするか思案中。
 

フレーズ3

 投稿者:一揆  投稿日:2008年11月26日(水)01時03分42秒
  のび太の革命前夜

というフレーズが突如頭に浮かぶ。
物騒だなあ。
 

書き込み

 投稿者:一揆  投稿日:2008年10月30日(木)10時01分7秒
  特に目的はないが、人がいないとさみしいので書き込むことを目的とした書き込みをするか(解説的な決意)。

最近じゅうたん運が悪い。
数日前は、レンジで温めたご飯を取り出すときにラップからとりこぼし、素足の上にぶちまけ、熱さのあまり飛びあがったのち、絨毯の上で思いっきりご飯を踏みつぶした。
また別の日には、冷蔵庫から卵を取り出すときに思わずとり落とし、絨毯の上に…
何なんでしょうね。ドジっ子になれという啓示か誰がなるか。
 

フレーズ2

 投稿者:一揆  投稿日:2008年 9月21日(日)12時08分29秒
  「初めてビッグベンという言葉を聞いた時、排泄物を思い浮かべる小学生の様な
ものだ」
というフレーズを突如思い付いたがやはり特に使い道はないので以下略。
 

フレーズ

 投稿者:一揆  投稿日:2008年 9月18日(木)16時23分41秒
  「アルマジロにあるまじき」
というフレーズが突如脳裏に閃いたが、別に使い道はない。
でも何となくもったいないのでここに書いておきます。
 

もうさ

 投稿者:某(ナニガシ)  投稿日:2008年 8月21日(木)18時23分30秒
  もうさ、いっそのこと23日(土曜日)の午前中も襲撃にしちゃおうか。
この土曜日、午前中だけ活動しているらしいから、そこを社会人襲撃の日、とかね。

オレ、連投する覚悟はありますよ。
 

で、なんだって?

 投稿者:イマケン  投稿日:2008年 8月11日(月)10時57分27秒
  襲撃は22日(金曜)だって?

仕事だっつうの。

夜はかまってあげてください。
 

ここで告知とは

 投稿者:某(ナニガシ)  投稿日:2008年 7月31日(木)09時21分29秒
  さて、もうすぐ8月。
長期休暇恒例イベントと言えば「襲撃」
昨年度は「突撃」だとか「襲来」などと呼ばれていたこともありましたが、
今年もきちんとやりたいと思います。

現役共通の掲示板によると、一部土曜日も午前中のみやっている日もあるようですが、
とりあえずねらい目としては8月18日から23日の週ですかねえ。

というか、この視聴率の異様に低い掲示板で相談をはじめる段階でアウトだよねえ。
 

つまんねえな

 投稿者:某(ナニガシ)@自宅メール  投稿日:2008年 7月13日(日)21時55分7秒
  たこ焼きもオフシーズンに入り、
1学期の業務処理、および夏期講習の準備が
大変忙しくなってきました。

それでも、次の水曜日あたり、小石川に行きたいのだが、
まだわからん。
行ける場合は同行者募集中。
って、ここで募集しても無意味か。
 

シリーズ

 投稿者:一揆  投稿日:2008年 7月 2日(水)10時25分6秒
  ここはだれもいないにゃー。

シリーズ・カタカナで書くとカッコ良くなる物

サンバイズ
(三杯酢)
 

明日

 投稿者:某(ナニガシ)@自宅  投稿日:2008年 5月17日(土)23時47分7秒
  明日(18日)、練習後にたこ焼きパーティでもしようぜ。
あ、練習後に別の練習がある人には申し訳ないけど。

って、このタイミングでこんなとこで言っても誰にも伝わらないか。
どうでもいいや。
 

ぬふー

 投稿者:一揆  投稿日:2008年 5月11日(日)14時02分24秒
  福田首相と胡錦濤主席が料理勝負!
今日のテーマは「中華料理」ということで胡主席にやや有利かと思いきや、福田さん鍋を振るう振るう。
最終的にはただの会食になって終わる。

今日の夢は珍しく社会派だったぜ。
 

ふうむ。

 投稿者:某(ナニガシ)@自宅  投稿日:2008年 5月 1日(木)22時45分52秒
  当方はあまり下にあるようなリアルな夢は見ない。
というか、そこまで細部が設定されている夢を見ない、と言うべきか。

むしろ、今日は現実の話。
当方は最近、一人で練習するときは仕事したり、何か他の軽作業を同時にこなすことが多い。明日の予定を確認したり、やり残しの仕事がないか考えたり、時には小テストの採点をすることもある。
あまり練習自身がおろそかになってはいけないので、ほどほどにすべきであることはわかっているものの、一人で長時間練習できるときは、同時作業をすることが多い。
実際、一人だけで練習していると、30分もするとなんか飽きてきて練習を切り上げてしまうことも多々ある。練習を切り上げて終わるのと、中途半端に練習と作業を同時にやるのはどっちがいいのだろうか。

まあ、そんなことを考えつつ、今日も練習。
上記のような状況もあり、一人で練習するときは全調スケールを8拍でやることが多いのだが、今日はなんだか考えることがたくさんあり、複雑な練習をするのが面倒になり、軽作業をしながら、8拍の全調スケールを2周丸々休みなしでやってしまった。
なんだこりゃ。

結局、練習をしたんだか、思考をめぐらせる時間だったのかどっちかわからぬ。
あと、人間、1時間も同じ姿勢でいると筋肉とかが硬くなって良くない。
 

夢(工房のジイさん編)

 投稿者:一揆  投稿日:2008年 4月28日(月)03時31分43秒
  毎度おなじみ「夢」シリーズです。
誰ひとりとして期待しちゃいねえでしょうが、愚かにも連載し続けます。
隠しなんだからいいじゃない。
では始まります。
豪快すっとばし読み物(読者が)。

僕は友人と一緒にとある町工場に訪れていた。
といっても、70くらいのじいさんがたった一人で構えている小さな工房だ。
用事が済んだあとも、自分は何故だかこのじいさんや工房のことをえらく気に入ってしまって、一人だけここに残ることにした。
もっともっとじいさんの話が聞きたかった。

工房での作業をしばらくながめていた。
目の前には高熱が通っている作業台があり、細い針金の束と、それからパスタをそれぞれ一掴み、その上に乗せる。
まんべんなく熱が通るように箸でつつきまわしているうちに、針金は熱せられてパスタと同じくらいの色になる。そうしたら今度はそれらを湯の張ってある鍋に移す。
そこまでいくともうパスタは必要ないらしい、じいさんは鍋からパスタだけを取り出し、もったいないとばかりにそいつを口に入れた。
驚いた。
金属と一緒に煮たものなんか食べて平気なのか。正直自分には信じられなかったが、そんな僕の顔を見て、じいさんは口をもぐもぐさせながら笑っていた。

突然呼び鈴が鳴った。
どうするのかとじいさんの方を見ると、じいさんは、おう、出てくれ、と言う。
確かに僕の方が近い場所にいるけど、大した距離じゃないんだから自分で行けばいいのに、とも思ったが、じいさんは何か作業をしているし、なにより僕に何かを頼むのを楽しんでいるようにも見えた。だから、僕は黙って受話器の方へ行った。
ところがこの電話の使い方がよくわからない。どこをどう押せばつながるのかじいさんに尋ねる間に、呼び出し音は切れてしまった。怒るかと思ったじいさんはしかし、切れちゃったんなら仕方ない、とだけ言った。
次第に僕はここで働いてみたいと思いはじめていた。あるいは、はじめからこんな仕事をしてみたかったのかもしれない。じいさんも僕がいるのは嫌ではなさそうだ。
「ものをつくるって仕事だ。」じいさんは言う。
「前にもそうやってここで働いててやめちまったのがいて、そいつが使ってた道具がまだそこにあるから、やるよ。」
一見乱雑なようで実は合理的に配置されているのであろう様々な器具が積まれている木の机の、下の方を指差した。
黒い直方体のケースだった。
自分のことを認めてくれたようで嬉しかった。僕は本当にいいのかと聞いたが、じいさんはこちらを向きもせずに、何も言わず作業を続けていた。

という夢。
なんだこれ。
と自分でも思うけど、目覚めたとき何だかすごく心があたたかくて、とても気分が良かった。
 

とりあえずさあ

 投稿者:某(ナニガシ)@自宅  投稿日:2008年 4月18日(金)00時23分13秒
  当方も演奏会は非常に楽しめました。
1月くらいの段階で企画に口を挟んだり、3月くらいに
企てをした当方にしてみると、いい影響を与えることが
できたのかな、とそれも満足気味。
あと個人的にはプログラム裏面の写真のチョイスが心に
クリーンヒット。
現役さんはどういう狙いかは知りませんが、当方的には
「でかいことなんて考えないでいいから、こういう小さいことで
返してくれればいいんですよ」という感じ。

って、なに言ってるかあんまり伝わらないですよね。

まあ、そりゃあ技術的には物足りないところがあったり
色々ですが、「一緒に音楽してみたい」と思わせる演奏でした。
素晴らしかった。

で、そうだ。なんで書き込んだかっていうと、今の
高校3年生はものすごい苦労をしたと思うのですが、
それをねぎらってあげたいというか、その業績を
褒め称えたいというか、っていうの話です。
まあ、素直に「良かった」と言ってあげることが
一番のねぎらいかもしれません。


N本? ああ、そんな人もいたねえ。


ちなみに、↓こんなのを買おうかと検討中。

http://www.rakuten.co.jp/e-gakkinet/421561/1767000/

 

そうね

 投稿者:一揆  投稿日:2008年 4月17日(木)02時40分47秒
   演奏会自体の構成とか、進行とかはN本死刑囚を筆頭にややぐずぐずではあったけど、自分が多少なりとも関わっていたという「思い入れ」があったし、ここに至るまでのいろんな経緯もそれなりに知っていたからなのだろうかね。プロの演奏とは違う意味での興奮があって、自分の感情にうまく整理がつかず非常にやきもきして、でもこの嬉しさをとにかく表現したくて、頻繁に使われすぎて意味が薄くなってしまった言葉だけど、こういう感情の渦巻きのことは取り敢えず「感動」と呼んでおくしかないと思った。
部長挨拶も今まで聞いた中で一番好きだったな。
 

(無題)

 投稿者:nekami@研究室  投稿日:2008年 4月16日(水)10時03分15秒
   >一揆
久々に、テクニックとかじゃなく「突き動かされる」演奏だったな。
と録音を聴きながら。
 

二日後

 投稿者:一揆  投稿日:2008年 4月15日(火)13時42分41秒
編集済
  あー、「感動」という言葉は、こういう感情のことを表す時に使えばいいのか。
と演奏を思い出しながら。
 

ある平日のこと

 投稿者:一揆  投稿日:2008年 4月12日(土)11時27分0秒
   前の晩に突如思いつき、部屋を模様替えすることに。
 その日は社会人のように朝7時に起き、想定出社時刻として9時には仕事開始、午前中に大方を終わらせて昼食、午後は簡単な整理や清掃をしてコーヒーを飲み、残りの時間はその他雑務をこなして、大変有意義な一日を過ごそうという意気込みだったが、果たして起きたのは10時過ぎであり、布団の中でだらだら考え事をし、腹が減ったのでだらだらと昼食を取り、結局部屋の模様替えに着手したのは13時過ぎであったとさ。めでたしめでたして何も終わってへんこっからじゃこっから。
 台所が部屋の中にあるタイプの1ルームマンションで、今まではキッチンワゴンのすぐ後ろに布団を引いて寝ていたのだが、これだと調理場の方に埃が結構溜まりやすく、何とかしたいなと思ったのがことの発端。というのが一般に発表されている公式見解だが、実際のところは何となく気分を変えてみたかったのと、デスクトップのパソコンを座布団に胡坐掻いて使えると楽かなと思ったからだ。何も隠す事なんて無いんだけど、何事にもちゃんとした大義名分があった方が何かといいことがあるというものでしょう人生。
 棚と部屋の明かりの位置関係とか、いらないシーツで棚後部を覆ってあるとか、微妙に未解決宙ぶらりんの課題が残ってはいるのだけれど、さしあたっての暫定レイアウトがきまり、しばらくはこれで過ごすことになりそうだ。
 気づいた時には結局23時を回っていて非常に驚く。まあ確かに余計なもの出したり引っ込めたりひっかきまわしたりして遊びながらの作業だったのでこれは時間かかりそうだなと思っていたが案の定だった。非常にくたびれた。布団に入って寝ようとして気付く。蛍光灯のリモコンどこじゃ。
 

襲撃の件

 投稿者:某(ナニガシ)@自宅  投稿日:2008年 3月26日(水)22時44分47秒
  こっちにも書いておきますが、
3月30日(日) オレは小石川行きますんで
ヨロシクゥ!!
 

怪奇

 投稿者:一揆  投稿日:2008年 3月 7日(金)11時19分25秒
  昨日なにげなくパソコンを触っていると、といっても別にパソコンを撫でまわすことで快感を覚え恍惚となるタイプの変態というわけじゃないことはお分かりでしょうが、その最中に(恍惚の最中ではないぞ!)、床が何故だか水浸しになっているのにふと気が付く。何かを知らないうちにこぼしたかと周囲を見回すが何も見つからず、その間にも水はどんどんあふれ続けている様子。出どころを探し続けて、ついに判明したのだが、水は僕自身から漏れているのでした。個人的な名誉のために言っておくが、決して排泄系がゆるんだという意味では決してない。決して。体のどこからか水漏れしているのだ。早いところ栓なり何なりしてふさがないといけないので、一体どこから漏れているのかとしばらく穴を探したが一向にわからず、このまま漏れ続けたら僕は無くなってしまうのではないか、という恐怖に見舞われる。焦れば焦るほど水の出は激しくなるようだが、しかし焦りは一向につのるばかり…。

例によって夢の話ですが、本当に泣きそうになった怖い夢というのは久しぶりに見た。夢で良かったと安堵する。と同時に別の不安にかられて焦りを覚えるが、幸い布団は何事もなく無事であった。
 

いちおうの次はにおうなのか。

 投稿者:某)ナニガシ)@職場  投稿日:2007年12月21日(金)08時26分21秒
  下記の襲撃の件、12月27日に変更。

ぐふぁ
 

(無題)

 投稿者:某(ナニガシ)@自宅メール  投稿日:2007年12月16日(日)19時03分22秒
  げええ

下記の襲撃の件、部活がやってないため、
とりあえず中止。

代わりにやるとしたら・・・

はて、どうしたものか。

http://www.tranzas.ne.jp/~oyanagi/

 

いちおう

 投稿者:某)ナニガシ)@職場  投稿日:2007年12月13日(木)11時45分31秒
  いちおうこっちにも告知しておきますわ。
時が止まっているみたいだけど。

12月28日(金) 襲撃
カモン。

以上。
 

悪夢

 投稿者:一揆  投稿日:2007年10月31日(水)10時48分13秒
編集済
   久しぶりに悪夢を見た。何、ひと月ぶりの書き込みなのに悪い話から入るのはいかがかって。まあよいではないか。どうせ誰も見とらんのじゃろ。
 演奏会の本番の日、午後5時。
 丁度舞台設営を終えたところで、自分の体と楽器と楽譜以外のすべて、ミュートはおろか本番用の衣装まで完全に置き忘れてきたことに気が付く。
 で、冷汗がサーッ。
 開演は7時。取りに帰って間に合うか、もはや諦めて近場で買ってしまうか。
 とにかく会場を出ようとするが、出入り口付近に大量の布団が積んであって邪魔で通れない。馬鹿野郎、ちゃんと片付けずにこんなところに置きっぱなしにしやがって。
 泣きながらどかしていく。
 人が後ろから見ている。
 心配しているのかも知れんが、ほっといてくれと思う。
 あっちいってリハやってろ。優しい言葉なんかかけるな。
 とにかく焦りと布団の熱さで汗だくだくになっているところで目が覚める。
 起きたら当然寝汗まみれ。夢でよかった、と心から思ったのは本当に久しぶりだ。
 あとどこかで未来カーみたいなのが出てきたのを見たが、よく覚えていない。
 当然落ちもない。落ちのある夢も久しく見ていない。
 

考え方

 投稿者:一揆  投稿日:2007年 9月27日(木)10時33分14秒
   すっかりヒトケの無くなりましたこの界隈、自分の書きこみ率が増している気がしますが特に気にせず、というよりそれに乗じて、また思いついた下らないことを忘れないうちに書いていきましょう。

 さて物覚えが良い、悪い、というのは太古の昔から人々の話題となっているところですが、まあ普通に考えれば物覚えの良い方がいいに決まっていて「記憶力」の優れた人はもてはやされてきた。逆に物覚えの悪い人は、「記憶力」が劣っていると考えられてきた。
 しかし、「記憶する」というのが一つの脳の機能であるならば、「忘却する」というのも一つの機能であり、それもヒトの脳にとって大変重要であるというのは今や常識であります。
 つまり、記憶力に劣るから→物覚えが悪いというのは表面的な構造で、深いところでは「忘却機能」が働きすぎるというのが正しいのです。正しいのでしょうか?ろくに調べもせず言ってますので責任はとれませんが、話が進まないのでそういうことでお願いします。
 ええとですから、人類の文化の中でどのように価値が与えられるかによって、物事の真の姿が見えにくくなるようなことがある気がするのです。「記憶する価値」の方が重要視された場合、その対にあるはずの「忘却する価値」は、単に「記憶する価値」の負の値として扱われる、という感じで。具体的数値で測れるならば、数学的に解き明かせるのかも知れませんが。

 さてそれを前提として。今回思いついたのは「音痴」について。
以上のようなことを踏まえれば、従来「音感に乏しいから」と考えられていた所謂「音痴」についても新しい見方が考えられるのです!(「音感」とは何ぞやという話から始めると議論が尽きませんので、ここでは単に「周囲に音程を合わせられる能力」くらいのざっくりで行きます。)
 つまり「音痴」は「音感が劣っている」ように見えるが、より深い構造では、その対になる機能が働きすぎているのだ、という可能性が開かれました!「音痴」の皆様おめでとうございます!ここから「音痴」を直す新しい方法論が誕生するかもですよ!
 さて、では音感の対になる機能とは何でしょう。わかりません。あっ、物を投げては駄目。
 じゃあそうですね、例えば「音感」を「周囲に合わせる」能力だとするなら、対の機能は、歌で言うなら「自分の声域内に調整する」能力とか。いや、やはりわかりません。ああっ、去っては駄目。
 ま、あくまで可能性の話ですので。
 とにかく、従来一つのバロメータで測ってきたものでも、よく観察すればいくつかの要素が絡んでいることがあるのですということです。
 あれ、こういう言い方をすると全然新しい知見ではなくなってしまったな。科学の世界では100年も前から知られてることですな。まあ、そういう考え方を日々の暮らしの中に持ち込むと、何か有意義な発見があるかもよ、というまとめ方でよろしいでしょうか。
 

夏の襲撃~感想編~

 投稿者:一揆  投稿日:2007年 8月23日(木)15時05分31秒
   未だに盛り上がらないこちらの掲示板でこっそり感想をしたためるコーナーです。
 今回はOBが最大時には13~4人いただろうか?何しに来ていつ帰ったのか分らないような人もいたので数え方が難しいが。
 年齢的に自分は上から三番目くらいにいて、もうそんな上位学年になったのかと思った次の瞬間に、いや8年にもなったのにまだ三番目か、という気持ちもして何だかよくわからない。少なくともついこの間まで頻繁に来ていた13年生とか15年生とかがいるんだから、年の話なんか馬鹿馬鹿しくてやってらんねえ。
 が、自分より下の学年だけでも物事が動きだす時代になったなあ、と言うのは感慨深いところはあります。今回凄かったのはチューバと打楽器以外は全パートのOBが来訪していたことであるが、それは自分より上の学年が全く来なかったとしてもほとんど成立していたのである(モモモ先輩(仮名)のクラパートだけは別でしたが)。時代は動くのだ。
 毎年のことだけど相変わらず現役中高生の成長ぶりも面白かった。合奏の途中で一旦現役だけでやってみようという局面があったのですが、OBが抜けてもさほど安定感の変わらないこと。夏休み前が嘘のようなね。中低音の支えが現役だけでかなり出来てきています。
 なんだかこれぎうむの原稿でも書いている気になってきましたが。
 終わった後はお好み焼きしたりファミレスしたりダラダラと夏を満喫。良い一日だったと思います。おわります。
 

さてさて

 投稿者:さんば  投稿日:2007年 8月 6日(月)09時09分44秒
  一応こちらにも告知を。

いつもの襲撃夏の陣が8/21(火)になりました!
皆様奮ってご参加願います!以上!
 

めしだよ文句あるか

 投稿者:一揆  投稿日:2007年 8月 1日(水)23時59分50秒
  昼食の件が確定しました。
 小石川高校近所のお弁当屋さん「ティンカウベル」に大人数用のオードブルを注文しています。
 OBの中にも愛好家の多い「ティンカのから揚げ」他、いくつかのおかずを用意していただく予定。
みなさま、奮ってご参加くださいな。
 

詳細

 投稿者:一揆  投稿日:2007年 7月29日(日)23時27分8秒
  貼っときます。

日時:8月3日(金)9:00~17:00

イベントの趣旨:
合宿の醍醐味を何とか再現してみよう!

予定行事と暫定時刻:
9:00 部活開始、個人練・パート練等
11:30 昼食(多目的室にて)
    自己紹介等のイベントを予定
13:00 全体練習(OBによる合奏指導等)
16:00 OBによるアンサンブル

なお、昼休みに弁当・オードブル等の昼食を用意する計画が現在進行中です。詳細は決定次第またご報告します。

楽しいことになるといいのだが…
 

当方の予定

 投稿者:某(ナニガシ)  投稿日:2007年 7月21日(土)13時24分5秒
  8月1日~3日 山梨県石和あたりで合宿
8月4日~7日 山梨県河口湖あたりで合宿

8月3日は13:30の石和温泉発の特急に乗れるはずなので、15:30くらいに現地入りできます。
夜は楽団して、再び合宿へ消えていく。頑張ります。

http://transit.yahoo.co.jp/search?val_htmb=select&from=%C0%D0%CF%C2%B2%B9%C0%F4&val_to=%C0%E9%C0%D0&val_yymm=200708&val_dd=3&val_hh=13&val_m1=1&val_m2=7&valtimekb=DEP&val_dsmask_charge=CHARGE&val_dsmask_air=AIR&val_search=%C3%B5%BA%F7

http://www.navitime.co.jp/?orvStationName=%E7%9F%B3%E5%92%8C%E6%B8%A9%E6%B3%89&thrStationName1=&thrStationName2=&thrStationName3=&through=0&dnvStationName=%E5%8D%83%E7%9F%B3&month=2007%2F8&day=3&hour=13&minute=19&basis=1&ctl=020010&atr=2&sort=0&airplane=1&sprexprs=1&utrexprs=1&mtrplbus=1&othexprs=1&basis=1
 

疑似合宿イベント

 投稿者:昆布的な  投稿日:2007年 7月14日(土)15時58分8秒
  みなさんこんにちは。
お久しぶりの方ご無沙汰してます。
ちょっと前に出ていた、合宿に代わる何かイベントをやりましょうよ企画が、
少しずつ進行しているので、お知らせしに参りました。
現役の側でも何かしらやりたいという声はあったそうで、OB有志と現役との共同企画で
いつもとは違う合奏やらをやろうという方向になりました。

で、日程は8月3日の金曜日でほぼ決定です。音楽室を押さえてもらいました。
当初、合宿日程に必ず含めていた土日を使いたいと勝手に考えていたのですが、
土日は活動できないらしく、平日開催ということになりました。
皆様ご予定は空いてますでしょうか?

そして、肝心要の何をやるかという事についてです。
今案として出ているのは、
・OB大先輩指揮による合奏
・当日初めて配る何らかの楽譜をOBたちと共に演奏してみる
などです。前者は合宿の醍醐味的な存在だと考えられるので、おそらく決行します。
どなたにやっていただくかは決定しておりません。そのうち、そのお話が誰かにする予定です。
後者もOBが大勢加わらないと出来ない事だと思うので、非常に有意義だと思います。
この他に、合宿のメインイベントであったアンサンブルもやろうという事だったのですが、
開催日も迫っており、決行は難しいと考え断念しました。
ちなみに、練習後の食事などはほとんど話し合っておりません。

現在決まっていること、進行中の事項は以上です。
そこで、ここをご覧の皆様にこの会をより有意義にするためのご意見を、この場を借りて募りたいのです。
やっぱりアンサンブルはやりたいとか、当日の参加の可否や今食べたいものでも何でもお願いします。

補足
個人的に、このイベントはいわゆる「襲撃」とは全く別のものと考えています。
趣旨が異なりますし、不意打ちの嵐っぽさもないと思いますので。
疑似合宿イベントの趣旨は、合宿はないけどそれに準ずることをやって、
現役時代に我々が合宿受けたような刺激を与え成長してもらおう、といった具合です。
なので、通例行われている時期(8月末?)に、例によって例の如く襲撃をするのもまたナイスであると考えています。
まあ似ているといったら似ているのですが。

皆様ご意見をよろしくお願いします。
 

コノハムシ

 投稿者:一揆  投稿日:2007年 6月 9日(土)22時05分53秒
編集済
   コノハムシと言えば、擬態の代名詞。枯葉とそっくりな外見をしていることで、天敵に捕食されにくいいう奴ですが、果たしてコノハムシ自身はそのことに気が付いているのかというのが今日の問題です。
 そもそも何故このような外見をしているのか。敵に見つからないように長い歴史の中で自分の姿を変えていった、というのは当たっているようだがしかし正確ではない。ダーウィン的サバイバル理論でいうなら、数多の突然変異のなかで敵に見つかりやすい体をした個体とそうでない個体が生まれた。こうして見つかりにくかった方だけが生き残り、子孫を残し続けた結果、現在のような姿を形成するにいたった、ということなんでしょう。
 さて、こうして自らの意思で枯葉そっくりになったわけではないコノハムシ君ですが、果たして彼は自分自身が枯葉に似ている事実を認識しているでしょうか。あるいはそれによって自分の身が天敵から守られていることを知っているでしょうか。
 おそらく彼は生まれてから死ぬまでそのことには何一つ気付かない。親だってもちろん教えてくれないし、鏡を見ることもないだろうし、仮に見たとしてもそれについて考察する脳もないでしょう。

 それを踏まえて問題提起。もしコノハムシに少し知恵がついて「おしゃれを楽しむ余裕」なんかが生まれたとします。綺麗な花びらとか何かでちょいと飾り立てるわけです。茶色い体なんか地味だし、今時流行らない。自分は楽しいし、異性にもモテるしメリットばかりなので、お洒落をしない意味がないとコノハムシは思う。
 しかしこうして目立つことによって当然捕食される危険が増すわけですが、コノハムシ的にはそれに気が付けるはずがないんですな。生まれた時の自分の姿が、まさか外敵から身を守るために先祖代々受け継がれて来たものだったなんて誰も教えてくれないのだから。そして何も知らずにお洒落してしまう。

 こういう風に、誰にも知られていなくとも重要な役割を持っていることは人間界にもザラにあって、それは人間の生物学的構造であったり、周辺環境だったり、あるいは文化伝統だったりするわけです。実際のコノハムシは自らの姿を変えることは出来ないが、しかし人間はこのいずれをも自在に変えることが出来る。どれほど知識を得て、思考能力が発達したところで、こうした役割に気がつかないこともある。
 だから一見無意味に思えることでも、この現在まで受け継がれてきた物事を安易に廃したりすべきではないのかもしれない。しかし社会的には、理由を説明できない者が、理由を説明できる者のいうことに反対するのは極めて困難ということになっている。
ということをバイトしながら考えましたとさ。
 

ぐぬう。

 投稿者:某(ナニガシ)@職場  投稿日:2007年 6月 2日(土)15時40分33秒
  当方の連続記録のかかったこの大事な一戦にそのような事態が起ころうとは。
しかしながら、今年度は志賀高原林間学校が7月最後の土日まるかぶりであり、もし開催されたとしても仕事でまったく参加できない可能性があったので、これはこれで逆に良かったかもと思わなくもない次第であります。

ちなみに、下記の「祭り」案には大賛成であります。

あと、今度の火曜日あたりに部活に突撃してみようかと思っている次第であります。
 

なるほど

 投稿者:イマケン  投稿日:2007年 5月31日(木)15時16分10秒
  それはいいですね。

泊まりじゃなければ先生の許可もあまりいらないだろうし、開催しやすいと思う。
あとは、OBOGへの連絡などを現役さんにやってもらうって感じなんでしょうか?
 

構想

 投稿者:一揆  投稿日:2007年 5月31日(木)01時09分6秒
   CMAの今年度の合宿は開催されないことに決まったようで、それは参加常連の自分にとって寂しいのはもちろんだが、それだけじゃなくていろいろ心配にもなるのである。

 高校生にとって、夏休みの合宿が果たす役割とは何だったろうか。
 豊富な練習時間、共同生活による連帯感の育成、といった本体的題目的要素は勿論だけど、普段は来られないOB達と触れ合ったり、普段の練習と環境が変わることで向上心や集中力が増すこともあるだろう。のみならず、「合宿の計画を立て実行する」というそのこと自体も高校生にとっては重要な経験であったはずだ。宿やらトラックやら貸切バスやらの手配だったり、限られた時間内での行動計画作成だったり。
 他にももっとあるだろうがともかく、合宿をしないというのは、練習面以外でも損失が大きいのではないかと思う。夏休みの練習も間延びするだろうし。

 で、自分が今少し思っているのが、何か合宿に代わる企画を、ということなんです。
OB主催で有志を募ってどこぞの音楽ペンションへ(語呂がいい!)なんて話もありますが、
自分としてはやはり現役主体で計画を進めるのが重要だと思います。
 音楽面、運営面両面において、自分の時代には伝わっていたことが今の現役に伝わってないんかなと自分は最近思うことが多くなりました。
まあ2、3年程度のサイクルで人が入れ替わる高校部活においてはそう珍しいことじゃないのかもしれませんが、それでも見ていて歯がゆいこともある。かといって、ここは今良くないのでもっとこうすべきだという話を上の立場の人間から急にモリモリッとされたところで、この人は突然来て何か難しい話をするだけしてその後の面倒もみず帰って行ったと今の現役諸君は思われるかもしれない。それでは意味がない。
 そこで何か現役・OB共同企画、あるいは現役主催・OB監修のような形をとって、運営上の助けともなれるような企画はできないだろうかと少し思っている。

今のところ自分が何となく思っているのが、夏休みのある一日をフルに使った「祭り」的なものであり、そのメインに据えたいのはアンサンブル大会である。
結局それがやりたいだけかい。
…そう思ってもらって結構。

でも要はやりようだと思うんですよ。アンサンブルの練習の仕方、曲の組み立て方なんかは、合宿アンサンブルでも教えられなかったことだし、そういう少人数でのアンサンブル力(りょく)がつけば、合奏も格段に良くなるだろうし。ひとりひとりの楽器の面倒をみるというよりは、全体の音楽的啓蒙というと大げさですがつまりそういう時間を設けたり(講師は勝手に誰かに期待)。あるいは、高校生が困惑しているであろう中学生への指導方法の手助けになるやもしれないし。

 それにもしかしたら、泊まりがけの合宿には行けないけど一日くらいなら、というOBがたくさん来てくれるかもですよ!?

押し付けがましいかもしれないし、理想主義的かもしれないですが、まだ22才の考えることですから。
若干夜更かしなので今日はこれくらいにしておきます。とりあえず自分の考えをまとめる意味でここに書いておきます。どうせ時は止まってるんじゃろ?
それでも参考意見は聞きたいという。さよおなら。
 

時…だと?

 投稿者:水島  投稿日:2007年 5月27日(日)18時22分15秒
  ザ・ワールドッ!!
そして時は動き出す…。

とジョジョネタ言ったところで時は動き出すわけもなく。
はて、どうしたものか。
 

なんだここは

 投稿者:某(ナニガシ)@職場  投稿日:2007年 5月17日(木)14時18分10秒
  いっこうに時の進まぬこの掲示板。
はて、どうしたものか。
 

とりあえず

 投稿者:一揆  投稿日:2007年 3月20日(火)17時25分35秒
  お気に入りに入っているのでという次第。
視聴者がおらぬで書き込みも減るでよが。
まるっきりの閉鎖空間なのでゃろうかは。
 

ほら。

 投稿者:某(ナニガシ)@監視員  投稿日:2007年 3月17日(土)23時00分19秒
  ほら。もう3ヶ月近くも書き込みがない。
どうするのよ。ここ。
 

やっと来られた。

 投稿者:某(ナニガシ)@なにグワシ  投稿日:2006年12月27日(水)08時48分27秒
  当掲示板へのとあるところからのリンクが切られて以来、どのようにしてここに来るか問題になっていましたが、さきほど管理人の隠しコンテンツからつながっているような気がしたことを思い出し、たどってみれば万事解決、無事こちらにたどり着くことができましたが、そもそもなぜここに書き込みをしているのか思い出せなくなっていて、どうしたものか思案しながら思いつくままに駄文を書き連ねている訳ですが、思い出しました訳で、「自分が楽しいつもりでやってたのに、仲間がみるみる減ってたら意味がないじゃん」的なことを書こうと思っていたわけで、それはどこへの言葉かと申しますと当然のことながら、昔こことつながっていたサイトへの話であり、とりあえず明日徒党を組んで行く予定であるとは言え、なにかこういままで築いてきたものが壊されたかのような気持ちはぬぐえないわけで、この中学生導入という変革期がもう1年早く訪れていれば、否さんがなんとかしてくれたんじゃないのだろうか、などと思わずにはいられないものの、ここでそのようなことをつらつらと述べていても何の解決にもならないので、もっと前向きに現状でできることを考えていく次第であります。
とりあえず、明日次第ですかなあ。
 

陸の孤島

 投稿者:某(ナニガシ)@監視員  投稿日:2006年12月20日(水)22時37分25秒
  この掲示板もすっかり陸の孤島。
というか、普通に孤島。
コトーはドクター。
 

文理

 投稿者:一揆  投稿日:2006年12月 8日(金)01時00分46秒
  「文系/理系」は分けられるのか、と言うテーマで話をすることがある。
最近思ったのは、「文系の学問、理系の学問」というような
分け方はそもそも絶対にされ得ないし、する意味も無いけれど、
何かを議論するときに「文系的切り口、理系的切り口」
というのはあるし、どちらからも考える必要があるな、ということ。

例えば、「人は色をどう見分けるか」について議論をしてみるとする。
「理系的」に切り込むならば。
そもそも色とは何か。まずそれは光を刺激として、眼によって知覚されるものであり、
ヒトは網膜内の三種の錐体という細胞によってその波長の違いを細かく弁別して認識できる。それを「色」と呼ぶ。そういう説明になるかと思う。
そこから始まって、そもそも光とは何か、それをどの様に知覚するのか、
どういう仕組みで弁別できるのか、さらに細かく突き詰めて説明していくこともできる。

自分もどちらかと言うとまずこの視点から考えるタイプだが、
もうひとつ「文系的な切り口」というものにも注目したい。

例えば「赤/紅/朱」とか「青/藍/群青」とか、
同系の色に細かく呼び名がつき、日本語で区別される色がある。
同様に例えば英語でも「red/crimson/scarlet」とか「blue/cobalt/navy」
のようなものがあるが、日本語と一対一対応で同じ色を表す言葉があるわけではない。

じゃあ日本人とイギリス人では色の見え方が違うのか。
「理系的」回答では「そんなわけない」。
波長の弁別能力に多少の個人差はあったとしても、
視神経や脳の知覚能力に人種間で顕著な差が見られるということはない。
しかしこれが「文系的」回答では、「見え方は違って当たり前」になるのだ。

可視光のスペクトルの中からどの範囲を切り取り、「色の名」をつけて区別するか。
それはその言語の依拠する文化に完全に依存する。
能力的に「弁別できる」ということと、名をつけて「区別する」と言うことは
まったく別のことと考えねばならない。
ある言語文化の中で、なぜ名前をつけて区別するようになるのかには
様々な理由が考えられるが、少なくとも「必要があったから」だろう。
例えば、形は殆ど同じだが、微妙に色合いの違う魚がいたとして、
その味に大きな違いがあったら、それぞれの色には違う名が付けられるかも
しれないということ。「A色の魚は刺身でも旨い、B色の魚はやや癖がある」
でも魚食わない内陸人にとっては、その色の違いは区別できる必要が無い。
したがって、おなじ「@色」の名でA色もB色も表すことになる。
その内陸のおじさんに二匹の色を比べてもらえば、
「こっちは明るい@色」のように見分けることは出来るだろうけど、
わざわざ比べてもらおうとしなければ二匹とも「同じ@色の魚」。
そういう意味において、おじさんは「色」を「見分けられない」といえる。
したがって言語文化間において「色の見え方は違う」のだ。

これが「文系的な切り口」である。
「理系切り口」同様、ここからもっと細かく「文系的」議論をすすめることもできる。

前者の考え方に「理系」後者に「文系」と名づけて区別できるかどうかについては、
まだ議論の余地がありそうだが、
いずれにしろ、一つの質問について異なる回答が出うると言う点においては、
どちらの方向からも物事を考える必要がありそうだ、というあたりで今日はギブアップ。
 

にこにこ島がありまして

 投稿者:一揆  投稿日:2006年11月23日(木)13時46分49秒
編集済
  バイト先でいつも通りキュウリを出していたときに、
隣でトマトの試食販売をしていたおばちゃん(50才いくかいかないか位)が
宣伝途中にこう言ってました。

・・・トマトに含まれるリコピンという成分がと~っても体にいいんですよ。
このニコピンは、トマトのこの赤~い色素の中に含まれてるんですけどね・・・

おや?
ニコピンて。
かわいいな。
 

理由

 投稿者:一揆  投稿日:2006年11月11日(土)21時05分28秒
  バイト先でいつも通りレタスを出していたときに、
通りがかった親子連れの子供のほう(幼稚園いくかいかないか位)が
口ずさんでいた歌です。

ぼーくらはみんな、いーきているー
いきーているから、いーきるんだー

ひとつの真実。
 

くぬう

 投稿者:某(ナニガシ)  投稿日:2006年10月21日(土)17時20分40秒
  この怒りをどこにぶつければよいのか  

ちょっと

 投稿者:イマケンメール  投稿日:2006年10月17日(火)15時06分47秒
  書いてみる。

日本は、世界一交通網が発達している国、とも言われてますよ。電車のダイヤがここまで完璧に機能している国は、先進国でも珍しいとか。他の国では、平気で電車が20分も遅れるし、それでキレる人はいないそうです。

我々(主に既に20歳を過ぎているあたり)のように「携帯電話のない時代」を多少なりとも認知している世代と、気がついたら「携帯電話のある時代」にいた世代とでは、携帯電話が無くなったときの対応に大きなギャップがあるんでしょうね。それをいったら、クーラーの無かった時代、扇風機の無かった時代、飛行機の無かった時代、船の無かった時代、とかまで遡っちゃうのかな。でも、精密機器の進歩がめざましい今日、人間の成長がそれに追いついていないとしたら、それはとても大変なことだよなあと思ったり。
 

便利

 投稿者:一揆@多摩de独り遊び  投稿日:2006年10月16日(月)01時52分46秒
  駅で待ち合わせをしていると友達から、「池袋に着くの32分だから少し待ってて」なんてメールが来ます。
最近の世の中は本当に便利になったなんてよく言うけど、本当にそうだ。
メールは言わずもがなだし、電車の中からダイヤ検索をして自分がいつ何時に何処にどうやったら着けるかすぐにわかる、と。ははーあ。
よくこういう便利グッズが生まれると「横着して良くない」「人間だめになる」「ありがたみを忘れる」なんて言って「便利すぎる文化反対論」を唱える人が出てくるけど、まあ彼らの言うことも理解は出来るけど、自分はどちらかというとガンガン利用していけば良いと考えるほうです。
便利なら使えばいい。今までそのことに割いていた時間や労力を別のことに回せるんだからこんなに得なことは無い。

ただ気になるのが、それらの道具をあって当たり前のものだと思い込みすぎて、身動きが取れなくなる人がいることだ。

例えば信じられないのが、「メールを送ったのにすぐ返事が来ない」と怒る人がいること。
メールってのは電話と違って、一方通行でも連絡できる点・・・つまり相手の状況に寄らずいつでも発信したり受け取ることが出来るから便利なんでしょう?
少なくとも自分はそういうつもりでメールを使ってきた。送った相手からいつ返答があるかなんて分からないものだと。まあもちろん長くて二三日以内、くらいの期待は持っているけれど。即時の返答が欲しいなら電話すりゃ良いのに、わざわざメールを送り、すぐに返ってこないからといって怒る。メールという道具にそれは期待しすぎなんじゃないかと思う。電池無い場合とか、メール打てない状況なんていくらでも想定できると思うんだけどなあ。

ダイヤ検索にしたって同じで、時刻表や乗換え路線図の見方を分かってる上で使うならいいんだけどさ。いざ携帯の電池切れちゃったってときどうするんだ。時刻表や路線図はあるのにどの電車に乗れば間に合うのかわかんない、って何だかアホらしくないか。

そういうことを言い始めるときりが無くってさ。

例えば電車って便利ですよね。お金さえ払えば、その駅が地図上の何処にあるかなんて知らなくても連れて行ってくれるし、しかも日本の場合で言えば、相当時間も正確に到着してくれる。けどそれはさ、本来地図(これも便利グッズだけど)見ながら何時間も歩かなきゃいけないところを、幸運なことに先人たちがそういうのを作ってくれてたから我々それを利用できるんですよ。そう!電車があり、好きなところへ好きな時刻へ着けるってのはほんとはラッキーに他ならないの。
っていう風に常に思っていれば、ちょっとダイヤが乱れて到着遅れたくらいでブリブリ怒んなくて済むのに、とたまに思います。

つまりこの投稿全体で何を言いたかったのかというと、便利グッズを使うのは良いけど、それを過信しててはいかんのじゃないかいってこと。便利グッズが機能しなくなるときは絶対あるわけで、でも、仮にそうなったとしてもそれは単に「もともとの状態に戻った」というだけの話であることを忘れちゃいけないと思う。
 

フコイダン談

 投稿者:一揆@多摩de独り遊び  投稿日:2006年10月10日(火)15時25分32秒
編集済
  みなさんは「フコイダン」を知っていますか?
有名なんでしょうか?
僕はぜんぜん知らなかったのですけど、あるページを見ていたら
「今話題のフコイダン 今ならセール中」
と言う広告が載っていて、何だか耳慣れない名前が気になってリンク先を覗いてみたのよ。
そのページの頭にあった文章が、

「健食ストアドットコムのスーパーフコイダンは、最も純度の高いメカブフコイダンと、オキナワモズクフコイダンを配合したフコイダンです。」

うーわーかーんなーいー。
フコイダン知らない人には用ないのかないんだろうな。
完全に置いてけぼりです。
これでは「紅秀峰って何?」と聞かれて、
「佐藤錦と天香錦の掛け合わせだよ」と答えるようなもので、
この例えは俺も良く分からない。
とにかく不親切極まりなくて笑えた。

雰囲気からすると海草系から抽出される成分の健康食品みたい。
調べれば分かるだろうだけど、別に興味もないし
なによりこれ以上フコイダンに振り回されたくない。
 

夏の陣が終わり

 投稿者:某(ナニガシ)@職場  投稿日:2006年 8月28日(月)12時24分6秒
  当方の夏休みも残りごくわずかとなってしまいました。

先日の夏の陣は無事に終了しました。お疲れさまでした。
現役さんのほうの反応は、こちらにはあまり届いてませんが、
それなりに楽しんでくれたという話がちょっと届いた場合が
あるかもしれません。

とりあえず年寄り陣は楽しめたようなので、まずまずと言った
ところでしょう。

さて、久方ぶりのオフで会えた上皇、もとい、水島氏。
楽器を持っていたのなら吹けば良かったのに!
例の大学デビューで移った楽器でありますよね?
あの、黒くて長くて丸いヤツ。
見たいなあ。次こそは必ず!

次回以降は様々な年寄りの参加を期待しております。

ま、この書き込みは仕事に対する現実逃避なんですがね。
 

なんでだ!

 投稿者:水島  投稿日:2006年 8月25日(金)00時24分44秒
  5年生、参加してよーぅっ!!
小生が行っても楽器がアレだから居場所が無いんだーorz
持ってたけど吹く勇気が無かった。

ってことで小石川襲撃夏の陣へ参戦してまいりました。
小生が最もやりたい曲やっていて、羨ましくて仕方ありません。入部したい…!(笑)
 

ふむ

 投稿者:イマケンメール  投稿日:2006年 8月22日(火)10時04分12秒
  午前と深夜参加予定。  

あれ?

 投稿者:某(ナニガシ)  投稿日:2006年 8月21日(月)13時48分6秒
  メガネの14年生ってあっしのことですかい?
もう一人のグルメなメガネかと思っていたら、
あっしをご指名というわけですかい。
そうかいそうかい。

てか、そんな大層なことはなく、
夏はお好み焼きを食わないと終われない、
ってことで、味千に行くくらいでさぁ。

練習のみの参加、味千のみの参加、
心のみの参加、電話での参加、電報での参加など
あらゆる方法で参加を受け付けております。
必ずしもリアクションができるとは限りませんがね。

味千にはパフェはないが、そんなことはいいじゃないですか。

詳しくは眼鏡の4年生まで。
 

田舎より

 投稿者:林檎  投稿日:2006年 8月17日(木)21時11分54秒
  さて、ここを見てる人はいるんだか。

来る8月24日に小石川襲撃夏の陣を実行します。

CMAは今年度から中学生も入って活動してますが、なかなか練習の上で苦労が多いようです。
特に中学生は合宿にも参加していないため、OB・OGと一緒に吹く機会を持てるといいかと思います。
いかがでしょうか?

練習は9時から16時までです。
ちなみに小石川の4階は工事中のため、3階被服室(アリーナ前)が仮楽器庫になっています。
部活後は何かしら企画があるようです。詳しくは眼鏡の14年生様まで。

いつもは滅多に行かない人も、頻繁に行っている人も、これを機会に老若男女問わず是非!
 

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおじんせいいきおいだああああうおおおおおおおおおお

 投稿者:一揆@多摩de独り遊び  投稿日:2006年 7月24日(月)01時36分57秒
  >まろん
状況を判断するには情報が断片的すぎて、どんな場面かほとんどわからないのですが、文章の流れと勢いにまろんの声質やイントネーションを当てて思い浮かべると、何となくの雰囲気は何故か伝わってきます。人間って不思議だ。

網戸の穴より小型の小蝿はどうにかならないものかしら。(リズミカルに読んで!)
網戸の穴より小型の小蝿も通らない程の細かい網目の網戸に換えたらどうかしら。(もっとリズミカルに読んで!)
網戸の穴より小型の小蝿も通らない程の細かい網目の網戸に換えてもしっかり風はとおるかしら。(もっともっと以下略)
安心くださいお客様、当社の開発しました網戸の穴より小型の小蝿も通らない程の細かい網目の網戸は風は通しても蝿は通さない快適設計でございますゆえ大変涼しくお使いいただけその上小蝿はシャットアウト!
いいわね欲しいわお値段いか程?
たったの税込み五万二千円いまならその上網戸のお掃除セットも無料でお付けします!
・・・
・・・

妄想の果てなく生まれ入道雲
遠き海から高き空まで

筆の向くまま気の向くまま
夏は来たりと若者の
歩く足跡幅広く
かきすすめるは駄文なるかな

友臓
 

研究室旅行報告

 投稿者:まろん  投稿日:2006年 7月21日(金)14時36分34秒
  参加人数:男14(うち学生6、院生2)、女6(うち学生5)
行き先:熱海
交通手段:
 学生女子5…車、その他…新幹線または電車(途中雨で2時間くらい遅刻)
やったこと:遅刻者の回収、料金の徴収、入浴、食事(夕・朝)、花火、買出し、就寝
思ったこと:
 教授、どうして朝食時に隣の席が一つだけ空いているんですか?
 そして、何故、私を笑顔で呼ぶのですか?確かに、昨晩私は食事をかなり残しました。
 あなたの欲しかった梅酒も、いらないからと隣の女の子にあげてしまいました。
 でも、お願いですから、私も学生の席で食べさせてください。
 シュウマイならあげますから。その席はスタッフと院生に囲まれるんです。
 あ、却下ですか。そうですか。
一言:これで夏休みだ!
 

かかったかな

 投稿者:某(ナニガシ)@職場  投稿日:2006年 7月 6日(木)18時04分31秒
  かかったかな、と思ったら中2病です。  

無意味投稿会

 投稿者:一揆@多摩de独り遊び  投稿日:2006年 7月 3日(月)01時48分50秒
  うーん、うーん、
ハートのエース出ろっ!
出ろっ!
でろっ!

出ないよなー・・・
うーん、うーん、、、
 

ありがたみ

 投稿者:一揆@多摩de独り暮し  投稿日:2006年 6月26日(月)17時38分50秒
  有難い。
本来の意味では「存在しがたい」・・・
すなわち、なかなか無いもの、珍しいものを形容する言葉だ。
転じて、滅多に無い貴重な物事に対し感謝の意を表す言葉として定着した。

その為、本来どんなに「有難かった」はずのものでも、
昨今のような圧倒的物量流通&消費社会においては
容易に手に入ったり、日常的に存在するため、
その有難みが希薄になってしまったものが多く存在する。
そう言った物達が再び有難みを取り戻す時。
それは、それらが失われてしまった時である・・・

先日、カレーを作ろうと鍋底でお野菜を炒めていた際の話。
たまねぎがイイカンジのあめ色になってきた頃合、ふと気づいたのである。

うちにはお玉が無い。

今回の経験で得られた結論はふたつ。
1.木べらでも何とかなるもんだ。
2.お玉って有難い。

ま、お玉なんて簡単に手に入るがな!
 

ただいまー

 投稿者:ももよ  投稿日:2006年 6月14日(水)01時42分5秒
  無事帰ってきましたー。

異常気象とかにはなんなかったけど、ところどころ
霧がものすごくて本来見えるべきものが見えなかったり
したのは私のせいなのか??でも軽く日焼けするくらい
良い天気のときもあったもん!

キタキツネには会えたけどヒグマに会えなかったのが残念。。
移動中ずっと探してたのになぁ。

けど超楽しかったー。また行きたいなー。
 

レンタル掲示板
/3